住宅ローン借り換えのシミュレーション

住宅ローン借り換えシミュレーションでおすすめの銀行は?

口コミイメージ

1度組んだ住宅ローンを別の住宅ローンにする住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

 

しかし、場合によっては借り換えの審査に落ちることもあります。

 

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

 

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

 

他にはカードローンや自動車ローンなど別のローンを複数抱えている場合もそのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

 

憧れのマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

 

中には、毎月の返済が大変という方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時に考えるのが住宅ローン借り換えです。

 

ただ借り換えのメリットを受けることを考えると今借りているローンよりも金利が低く設定されている必要があります。

 

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

 

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

 

家計を圧迫する住宅ローンの返済ですが現在組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったら低い方に変えたいですよね。

 

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

 

住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などの諸費用が必要になりますので、費用を入れて計算したら逆に損してしまうということもあります。

 

シミュレーション時に変更するメリットがあるかを考えてから行いましょう。

 

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

 

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だからローンを組んだらそのまま放置するものという認識はありませんか?実は平成21年から借り換え融資プランができて住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

 

基本的には金利差が0.3%あればお得になる計算です。

 

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

 

金利が1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

 

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

 

住宅ローンで融資されている際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

 

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

 

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントと専門家も言っています。

 

ローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどが挙げられます。

 

ローン控除では1%が還付されるのでこのように様々な制度を利用してお得にローン返済しましょう。

 

住宅ローン借り換えを行うにあたり様々な手続きが必要です。

 

例えば抵当権設定・抹消登記手続きなどです。

 

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますが行なったもらう司法書士を選ぶ権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

 

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いです。

 

司法書士を選択できるかどうかは金融機関へ確認してください。

 

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

 

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換えにはいくつか注意点があります。

 

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

 

例えば、月々の返済額を抑えられることなどがメリットして挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の銀行で住宅ローンを組むことなので将来的に金利が上がるリスクがあるデメリットもあります。

 

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

 

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先のローンが保証料がかかるかかからないか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

 

住宅ローン借り換えについて調べていると気になる事実を発見しました。

 

今、住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

 

どういった場合にそういったことが起きるかというと転勤が原因でローンと賃貸料の二重支払いになってきつい、金利が低くなったローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

 

なぜ出来ないかというと、住宅ローンは自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

 

そのため、他の金融機関を探しても現在のローンよりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

 

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。