住宅ローン借り換えに必要な書類や費用をシュミレーション

住宅ローン借り換えに必要な書類や費用をシュミレーション

費用イメージ

住宅ローンの借り換えには、様々な手続きがあるし、無料で出来るというわけではなく、手数料などの費用もかかります。

 

手数料がかかるんだったら、わざわざ面倒な手続きをして借り換えをしなくてもいいのでは?と思われるかもしれませんが、最近では手数料の費用が少なくて済む金融機関があったり、現在の住宅ローンより金利が低くて、将来的に見ると総支払額がかなり抑えられるというお得な借り換えプランもあるので、活用しない手はありません。

 

それでは、住宅ローンの借り換えには、どのような書類や費用が必要となるのか紹介するので、知っておいてください

 

まず、借り換えをする際の事務手数料は発生します。事務手数料は主に、借り換え先の金融期間の収益になるので金融機関によって値段に差があります。

 

融資額の何割というように設定しているところもあれば、融資額に関係なく一律のところもあるし、無料にしているところもあります。
相場としては2万円から5万円程度となっています。次に、借入額に対する保証料があります。

 

保証料も、融資額によって決められていますが手数料の中でも大きな金額を占めています。

 

ただ、一部の銀行では保証料自体を無料にしているところもあります。

 

更に、毎月の返済とは別に、臨時収入があった場合や貯蓄にゆとりがでてきた場合に、余分にローンを返済する際に支払う繰り上げ返済手数料というのがあります。

 

繰り上げ返済手数料は、金融期間によっては無料としていたり、一部だけ無料とするところが多いようです。

 

他にも、契約書貼付印紙税がかかり、これは金額によって決まっています。1000万円を超えて5000万円までの借入には一律で2万円、5000万円を超えて1億円までは一律で6万円といった内容です。

 

他には、抵当権を抹消して新たに登録するための費用もかかってきます。

 

抵当権の関係は司法書士に依頼することが多いですが、自分で行えば必要な印紙代だけで済みます。

 

また、借り換えに必要な書類としては、ローンの借入れ申込書や保証料がある場合は、保証委託申込書、団信に加入する際は健康診断書などがあります。

 

更に、年収を証明するための給与証明書や源泉徴収書、住民税決定通知などが必要で、自営業の方だと納税証明書や確定申告書が必要です。

 

また担保関係の書類として、土地や建物の登記簿謄本や土地公図、売買契約書などが必要となります。

 

そして、印鑑証明書や住民票、運転免許証など身分を証明するものも必要です。借り換えに際しては、このように様々な書類が必要となり、公的な機関に依頼して取得するものもあるので、早めに準備しておくことをおすすめします。


住宅ローン借り換えおすすめ銀行ランキング

サムネイル
  • ネットで申し込みから契約まで完結
  • 来店不要だから時間の制約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
  • 仮審査は最短即日回答
矢印 申し込み


サムネイル
  • 住宅ローン借り換えで最安水準の低金利
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障団信保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安く総返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円~162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み