住宅ローン借り換えシュミレーション・金利タイプで選ぶ

住宅ローン借り換えシュミレーション・金利タイプで選ぶ

金利タイプイメージ

住宅ローンを組んでから実際に毎月返済をしている間に、収入が減ったり予想外の出費が増えるなどして返済がちょっと苦しくなってきたということありませんか?

 

また、今までは金利固定型だったけど、まもなく金利変動型になるのでぐっと返済額が増えるから、返済していけるか不安だと感じている方もいるでしょう。

 

そんなときは、今のローンを返済して、新たなローンを組み直す住宅ローンの借り換えがおすすめです。

 

住宅ローンの借り換えを考える上で、借り換え先選びというのはとても重要なポイントとなります。

 

せっかく借り換えを考えても、金融機関選びを誤ったら得になるどころか、損してしまったり、借り換えしない方がよかったなんてことにもなりかねません。

 

また、借り換え先選びには、金利タイプがポイントとなります。

 

金利タイプには、リアルタイムの金利が適応される変動金利タイプや、一定の期間は金融機関が提示した金利で返済が行われ、期間をすぎると変動金利タイプになる期間固定金利タイプがあります。

 

固定金利には、3年や5年といった短期のものから、20年程の長期のもの、更にローン期間全部固定となる全期間固定金利タイプなどに分けられます。

 

そこで、どんな場合はどの金利タイプの借り換え先を選ぶとよいかを紹介していきたいと思います。

 

まず、住宅ローンの借り換えには、色々な目的があると思いますが、総返済額をできるだけ少なくしたいというのも、その一つだと言えます。

 

こういった場合で、全期間固定金利タイプのローンを組んでいれば、今よりも低金利の同じタイプのローンを扱うところを選びましょう。

 

更に、変動や期間固定金利タイプの場合は、今後金利が変わる際の引き下げ幅をチェックして、今のローンよりも引下げ幅が大きいところを選ぶと総支払い額が抑えられます。

 

また、毎月の返済を減らすのが借り換えの目的だという場合も、現在のローンよりも低金利の借り換え先を探すとよいですが、その際固定金利タイプだったのを、変動金利タイプに変更するというのも仕方ない選択だと言えます。

 

しかし、金利変動の影響が大きいと返済も苦しくなってしまうので、家庭の家計を今一度見直して無駄な出費がないかなどをチェックすることも大切です。

 

そして、今よりも金利の変動の影響を受けない、安定した返済を望む場合は、やはり固定金利タイプで、固定期間が長いものを選ぶのが賢明でしょう。

 

できれば全期間固定金利タイプにすれば、返済額が増えることもないので返済計画が狂うこともありません。

 

借り換え先を選ぶ際は、まず金利のタイプをどれにするかを自分で決めてから金融期間探しをすることが大切です。


借り換えシミュレーションでいくら節約できるの?