住宅ローン借り換えシュミレーションの順序

住宅ローン借り換えシュミレーションの順序

順序イメージ

住宅ローンの借り換えをしてみたいけど、具体的に何から始めればよいかわからないという方は、まず借り換えの手順について把握しておくことが大切です。

 

大きなお金が動くし、将来的に家計に負担がかかるので借り換えは安易に決められるものではなく、さっと手続きできるものでもありません。

 

しかし、家計に一番大きなウェイトを占める住宅ローンの返済を少しでも減らすことは、将来の生活をよりよいものにするためにも大切なので、慎重に時間をかけて検討していくことが大切です。

 

また、現在利用している住宅ローンを一括返済して終わらせる手続きと、新たな借り入れを行う手続きを一緒に行うので、誤りのないようにしっかり手順をおさえておくようにしましょう。

 

住宅ローンの借り換え手順としては、まず今組んでいるローンを見直して将来的にどの位の期間で毎月どの位の金額返済したいのか、金利のタイプはどうしたいのかを決めることから始めましょう。

 

その際、ネットサイトや金融機関のホームページで借り換えシュミレーションができるページがあるので活用してみるとよいでしょう。

 

具体的なプランが自分の中でできたら、借り換え先探しを始めましょう。金利や借り換えにかかる費用、特典などは金融機関ごとに異なるので、早くからひとつに決めないで、いくつか借入れ先を選び、色々な条件で比較してみましょう。

 

その際に、なかなか決まらない場合はネット上の借り換えサイトを利用したり、借り換え先の人気ランキングや口コミなども参考にしてみるとよいかもしれませんね。

 

借入先が決まったら、必要な書類を準備したり、かかる経費を計算して支払えるように用意します。

 

借入れ先の金融機関に相談しながら、疑問点があれば細かく質問しておくようにしましょう。

 

必要書類が揃って借り換えの申し込みをしたら、金融機関のほうで審査が行われます。通常だと2週間程度で終わり、審査にパスすると融資が決定するので前の住宅ローンを一括で返済する手続きを行います。

 

借り換え手続きの契約がまとまると、融資が始まります。前のローンが完済された時点で借入れの一連に及ぶ手続きが終わりとなります。

 

こうしてみると、借り換えには時間がかかるし手続きが色々面倒だなと感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、借り換えにはタイミングがあり、今国内でも低金利の時代を迎えているので今住宅ローンを見直して、借り換えを検討する絶好の機会だと言えます。

 

今まで借り換えを考えたことがなかったという人も、この機会に是非検討してみることをおすすめします。


住宅ローン借り換えおすすめ銀行ランキング

サムネイル
  • ネットで申し込みから契約まで完結
  • 来店不要だから時間の制約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
  • 仮審査は最短即日回答
矢印 申し込み


サムネイル
  • 住宅ローン借り換えで最安水準の低金利
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障団信保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安く総返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円~162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み