住宅ローン借り換えのおすすめシュミレーション

住宅ローン借り換えのおすすめシュミレーション

おすすめイメージ

住宅ローンの借り換えを検討する上で、借り換え先探しというのは一番苦労する点でもあります。

 

現在住宅ローンの借り換えを取り扱っている金融機関は、銀行をはじめネットバンクなど多数に上ります。

 

バソコンなどで検索しても、たくさんあるのでどこがよいのかなかなか決められないという方も多いでしょう。

 

金利や手数料の額など、借り換え先選びのポイントは色々ありますが、できればサービスなどが注目されており、多くの人の支持を集めている金融機関を選びたいものですよね。

 

そこで、特に人気の高い金融機関についていくつか挙げていくので、決める際の参考になればと思います。

 

まず、人気の住宅ローン借り換え先ランキングでも上位を占めている銀行としては、新生銀行が挙げられます

 

新生銀行のおすすめポイントとしては、借り換え時の費用として負担大きい保証料や、途中で余分に返済する際にかかる繰り上げ返済手数料が1円から無料だと言う点です。

 

更に、低金利を実現しているのも魅力ですが、ローンの期間が長く設定できるというのも目玉の一つです。

 

通常だと現存のローン残期間よりも長い期間であらたに借り換えをすることはできない場合が多いですが、新生銀行の場合はローンの残期間にかかわらず、最長で35年ものローンを借り換えで組むことができます。

 

つまり残期間が20年しかないけど、今の返済額では苦しくて返していけない人だと、借り換えをしてローン期間を伸ばし、毎月の返済を少し減らすことができるのでとても便利です。

 

次に、住信SBIネット銀行もよく名前が挙がっています。

 

ネット銀行だけあって、低金利が魅力であり、金利タイプも全期間で一律に基準金利を引き下げるプランや、特約期間のみ金利を引き下げるプランなどがあり、自分で好きな方を選べます。

 

更に、借入額に応じて変動と固定の金利タイプをミックスさせて設定できたり、2つの保険料が無料であったり、指定された疾病にかかった場合は住宅ローン残高が0円になるというサービスもあります。

 

そして、保証料は無料で、繰り上げ返済手数料も一部無料というのも大きなポイントとなっています。

 

また、楽天銀行の楽天モーゲージフラット35も注目されており、業界最低の金利水準を誇ります。更に、最高で35年間はその低金利が固定されるので、将来的な返済が不安だという方でも安心して支払いを続けることができるのも大きな魅力の一つです。

 

他に事務手数料も低利率を維持しているので、借り換えにかかる費用を大幅に抑えることも可能です


借り換えシミュレーションでいくら節約できるの?

  (※ 新生銀行・住信SBIネット銀行ともに借り換え後の金利は2012年12月時点のものです)

HOME おすすめ銀行は? 金利最安は? 評判がいい銀行は? 当サイトイチ押し!